元三大師堂(がんさんだいしどう)

元三大師堂(がんさんだいしどう)

このお堂は平安時代、天台宗の開祖 伝教大師最澄によって創建されたと伝えられています。

現在の建物は大阪冬の陣に焼失したものを元和九年(1623)八月十九日に徳川秀忠公が椎寺普門院としてこの地に再建したものです。再建当時の堂内には伝教大師と普賢菩薩が安置されていたが、後に元三大師を本尊として祀るようになり、元三大師堂と呼ばれるようになりました。

元三大師とは、慈恵大師良源(りょうげん)のことで、今から約千年前に実在した平安時代の僧です。第十八代天台座主を務められた比叡山延暦寺の中興の祖と仰がれる方で、寛和元年(985)一月三日がご命日であるので、元三大師と称されるほか、日本の「おみくじ」の創始者としても知られています。

 

 

 

 

 

こんにちは。夢にむかって頑張っている子どもたちを全力でサポートしている学力再生トレーナー 京進スクール・ワン美章園教室の松本 真一です。

 

 

法力・霊力の持主として、自ら夜叉と化し災厄を払ったという伝説から、魔を払う角(つの)大師・鬼(おに)大師・魔滅(まめ)大師など、様々な名でよばれ、厄除けの守り神として江戸時代に各地で元三大師信仰が起こりました。大阪では当堂が信仰の中心であったといいます。

元三大師は、比叡山横川にて、記憶力増進の為の行法「求聞持法」を満行されており、以来、無限の智彗と記憶力を得、神力を獲得されたといいます。そのことから智彗・学力向上の信仰が広まり、受験生の篤い信仰を得ており、多くの入試合格・学業成就を願う生徒やご家族が当堂にご参拝されます。

堂内の中央、奥から元三大師・不動明王・鬼大師(秘仏・毎月3日のみ開扉)を、左の間に普賢菩薩、右の間に僧形文殊菩薩をお祀りしています。

昭和三十七年(1962)四月から同三十八年(1963)六月にかけて、文化財保護法により半解体修理が行われた際、鬼大師が天保三年(1832)の製作であり、胎内には法華経八巻が納められていることが判明しました。 (元三大師堂にある資料引用)

 

昨日、四天王寺さんの中にある元三大師堂へ明日に高校入試を受験生の「合格祈願」に行ってきました。

必勝だるまをみんなに配布、合格めざして全力を尽くしてください…

 

 

 

 

 

京進スクール・ワン美章園教室の<定期テスト対策>
今の学年最後のテストである『学年末テスト』はこの一年間学んだことから出題されます。一年間学んだことは簡単に復習できるものではありません。美章園教室では2月はじめより『新学年準備講座』の中で、まず『学年末テスト』に向けた準備からはじめてゆきます。今の学年のふりかえりが終わってこそ、次の学年への準備がスムーズにできると考えています。映像学習である『理社得点アップ講座』もお勧めです。


テスト対策に関するご相談は
06-4301-8678 
 教室長の松本までお電話ください!
あなただけの" テスト対策カリキュラム "ご提案いたします。

1月入塾生の受付も始まっています! 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。この下のボタンを押していただけるとうれしく思います。                   ↓↓↓

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

80分無料体験授業 ”を受付させていただきます。
☆体験授業ご希望の方は、
事前にお電話にてご予約をお願い致します。
☆まず体験授業前に”
体験授業前の面談 ”をさせていただきます。

教室のホームページこちら

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

ひとりひとりを大切に
京進スクール・ワン美章園教室
06-4301-8678
〠545-0003 大阪市阿倍野区美章園2-21-13                   受付:月曜-土曜14:00~21:30(日・祝日は休校)担当:松本真一

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です